お酒を飲むなら Google maps timeline を On にしておけ

Life hack

スズキはお酒が好きだ

東南アジアで仕事をすることが増えてからか、お酒を飲むと帰りが遅くなった。東南アジアだと grab があるから安価に帰宅できるから。しかし、日本だと終電を逃すとタクシーだ。これには乗りたくない。とうことで何件かハシゴをしてしまうことがある。最終的に家にたどり着くことはできるのだが、記憶が曖昧だ。

友人やお仕事関係だと怖いのは、変なことを言っていないか、などもあるのだがお金も怖い。もしかしてお金を払っちゃってもらっちゃっているかも。向こうは「奢ってやったのに!」って思ってたら、ちゃんとお礼を言うなり、お返ししないと関係がまずくなる。一緒に飲みに行ってくれなくなるかもしれない。。

財布をみたら自分が払った分のレシートはわかる。カードの履歴を見れば確実だ。
でも、どのお店に行ったのか覚えていない。。。

そんなときは Google maps timeline だ。(たぶん、使い方が間違っていると思うが。)

Google maps timeline ってなに?

Google map / photo と連動している機能で、どこにどのように行って、どれだけ滞在したかを自動的に記録してくれる機能だ。超便利。

たとえばこれはスズキの2020年5月21日のTimelineの一部だ。

Screenshot_20200719-192608

これをみると自宅から自転車で錦糸町にある「こってりラーメンなりたけ」に移動してラーメンを食べていることがわかる。写真は、Google Photos と自動的に連動して表示される。

このように「どこに」「どうやって」「何をしたか」が自動的に記録されるのだ。

もちろん海外での情報も記録される。お店の名前が思い出せない!といった場合にも便利だ。

Screenshot_20200720-181108

Google Maps Timeline が記録されない?

ただ、気を付けてほしいのは、記録されないことがあるのだ。実際、スズキが 2020/7/10 の行動を確認しようと思ってGoogle Maps を開いたところ記録されていなかった。だからこそ、この記事を書こうと思ったのだ。(2020/7/10 にスズキに何があったのかは想像にお任せしたい。)

Screenshot_20200720-181608

原因は単純だ。Google Timeline のデータを取得する端末から、標準利用している端末(Pixel 3 XL)が外れていたのだ。

これは、Google Timeline >Setting >Location History on>アカウント選択>Devices on this account から確認できる。

Screenshot_20200720-182158

なぜこの現象が起きたのか。理由は、おそらくだが、過去利用していた端末(F8332)を久々に起動したことだと思う。これによりTimelineで利用する端末が再設定?されたようなのだ。(ただ、、、この設定を開いてみたところ、どのdevice にもチェックが入っていなかったので、細かい挙動はわからない。)

ということで、複数端末を運用している人は定期的にTimelineを確認することをお勧めする。見たいときに記録されていないと困るので。(スズキのように。)。Google Timeline さんからは「この情報であっていますか?」との問いかけがくるので、これを定期的に更新していけば間違いないと思う。

Screenshot_20200720-182809

まとめ

ということで、Google Maps Timeline は非常に便利だ。とくにお酒を飲む人には、記憶の外部装置として使える。写真をとる習慣をつけておくとよりよいかもしれない。

ただ、1点。この機能を使っていることをパートナー(奥さんや恋人)には言わないほうがいいとスズキは思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました