【2021年7月版】e-Gov + GビズIDで被保険者報酬月額算定基礎届を提出しようと思ったら Mac では不可だったようだ。

仕事Tips

7月は、翌年の社会保険料を決めるために被保険者報酬月額算定基礎届を提出しなければいけない月だ。
昨年はGビズIDと、届出作成プログラムを使って提出した。(結構時間がかかったが)

今回、新たに e-Gov とGビズIDを利用してオンライン提出ができる旨通達があったのでやってみた。
結論からいうと、Mac ではできないようだ。「ようだ」というのは、原因が曖昧だからだ。
Mac では届出作成プログラムもインストールできないため、
結論は
Mac で被保険者報酬月額算定基礎届をオンラインで提出ことは2021年7月現在は不可」となる。

被保険者報酬月額算定基礎届 とは

毎月納付する社会保険料を決めるための書類だ。
4〜6月の給与額をベースとして、当該年の9月〜翌年8月の社会保険料が決定される。
この書類は4〜6月の給与を報告するものだ。

そして、昨年からはこの手続は一部の法人では電子申請が義務付けらている。
「社会保険」の手続きはインターネットが便利!というチラシまで同封されている。

ではオンライン申請の方法をみてみよう。

電子申請(オンライン)で提出する方法:2種

1.GビズID+届出作成プログラム

届出作成プログラムで作成した書類を、GビズIDで認証して提出方法だ。
これは2020年7月に行った方法だ。よければこちらを確認してほしい。
”お手軽”とはお世辞にも言えないが、オンラインでできるというだけいいと思う。

ただ、届出作成プログラムは Windows 用のみ提供されている。
Mac 環境ではできないので注意してほしい。

2.電子申請(オンライン)で提出する:e-Gov

2つ目は e-Gov だ。
各種手続きをオンラインでできるプラットフォームなのだが、基本的には電子証明書(有料)が必要になる。
ただ、GビズIDを利用することでいくつかの申請では電子証明書が不要になる。
しかも e-Gov は Windows だけではなく Mac に対応している
ということで、2021年7月の提出はこの「e-Gov」とGビズIDで行うこととした。

e-Gov +GビズIDで「被保険者報酬月額算定基礎届」を Mac で提出してみる。

1.GビズIDの取得

まず必要なのは GビズIDだ。この取得には数週間かかるので事前に行おう。
これ以外にも様々な申請に利用できるものなので、取得して損はないはず。

2.e-Gov アプリケーションのインストール

Windows用、Mac 用のアプリケーショが用意されている。
e-Gov のページにいくと「ログイン」とあるので、「あれ?Web システムなのか?」と思わせてくるが、「ログイン」をクリックするとアプリケーションをインストールする案内に遷移する。

   なんだ、これは。。。インストールすることをログインというのか???

   「e-Gov 電子申請アプリケーションのダウンロード」からダウンロードしてダブルクリックでインストール。画像つきの手順が用意されているのでインストールは簡単。

3.e-Gov へのログイン

先程のページか、もしくは、普通に当該アプリケーションを起動するとログインを求められる。
どのアカウントを利用するかわからないので、とりあえず、GビズIDのログイン・パスワードをいれるとエラーになる。

あれ???
数回エラーになったあと、もう少し下にスクロールできることに気づく。
「GビズIDでログイン」があるのか。。。

ここから、GビズIDのアカウントを入力、SMSでの2段階認証を経て無事にログイン。
ここまで比較的結構スムーズでびっくりだ。

4.e-Gov で申請する


「手続検索」から「被保険者報酬月額算定基礎届」を検索し、選択。

書式ルール等の記載がある。

そして、「申請書入力へ」をクリックする


画面遷移して、

「エラーが発生しました。処理を中断します。」

なんで?
何度か繰り返すが原因が記載されていないからわからない。

もしかしてユーザー登録が不十分だったのではないか。
トップに戻り「基本情報管理」からユーザー登録する。
法人番号検索や、郵便番号で住所登録等ができる。

おお、政府系のシステムにしては珍しく気が利いている。

と思ったが、住所のフリガナは手入力。。この中途半端さはなんなのだ。。。

基本情報を登録できたので、再度申請する。同じエラーが表示される。なぜだ。

ここからいろいろ調べた結果、

  •   e-Gov では問題が多数見つかっている。特にMac でエラーになる申請が多い。
  •   Mac では申請できる内容が限定されている。(申請可能なのは3126書式。PDF参照
  •   アクセスが集中すると利用できない?

という状況だった。

該当のPDFを検索すると(68ページある。。。)被保険者報酬月額算定基礎届がなさそう。
これが原因なのではないか。
ここまでに使った時間。2時間。

なんとか Windows の端末が用意できたので手順2〜4を行ったところ、スムーズに申請できた。
所要時間は10分。
原因は「被保険者報酬月額算定基礎届」は Mac では利用できない。
だったようだ。

今回の問題点

原因は「被保険者報酬月額算定基礎届」は Mac では利用できないだったとする。
もしそうなら、なぜ、システム側でエラー文言に記載しないのか。
それができないなら、書式の説明画面で「Mac では不可」とかかないのか。

IT業界にいる人間としては理解できない。
法人番号自動取得なんかよりもこっちのほうが圧倒的に重要だ。

そしてサポートにも問い合わせをした。
アプリケーションの問い合わせから連絡したところ、すぐに返信があった。これは素晴らしい。
が、超長文(3191文字)のテンプレが記載されているのみだった。

私は、
 ・Mac
 ・申請内容
 ・エラー内容
を記載している。
原因が上記ならこの内容で特定できるはずだ。
私はこのメールをみても問題解決はできなかった。

結論

「被保険者報酬月額算定基礎届」を Mac 環境で e-Gov で提出ことはできない。つまり、Mac で当該書類をオンライン提出することは現時点ではできない。そして現時点で、特に Mac では多数の制限がある。

もちろん届出作成プログラムを利用するよりも圧倒的に手軽だ。
Mac でオンライン申請に対応したのは大いに評価したい。
問題は、制限事項の把握が難しいことだ。
ちょっとやってみて変なエラーがでたら違う端末を使う、諦める。等をしたほうがいいなと強く思った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました