Microsoft 365 (旧 Office 365)は必須。1人会社ならPersonal・Businessどちらを選ぶか。

お気に入りの物

Microsoft 365 は契約したほうがいいのか

Microsoft 365 、旧名称は Office 365。Microsoftさんが提供する複数のアプリケーションを利用できるクラウドサービスだ。一番大事なのはOffice製品(Word/ Excel / PowerPointなど)だろう。

Microsoft 365 は契約したほうがいいのか。

という問いへのスズキの回答は

スズキ
スズキ

もちろんだ。合同会社鈴木商店と同じような状況であれば契約しない理由がない。

となる。

資料のフォーマットは様々だが Excel / PowerPointが多いのではないだろうか。もちろん、OpenOffice などの互換製品を利用する手段もあるだろう。スズキも、プライベート専用パソコンでは以前はOpenOfficeをインストールしていたが、今となっては Google さんのサービスで十分な気はする。Google スプレッドシートは素晴らしいサービスだ。

ではなぜ、Microsoftさんの正規Office製品を使う必要があるのか。日本で仕事をするなかで、合同会社鈴木商店のような零細企業は基本的に取引先の仕事の仕方に合わせることになるからだ。以上。

日本では、残念なことではあるが、資料の体裁と価値が比例の関係にあることは事実と言える。フォントや文字サイズの統一、画像の場所などが資料の価値に大きな影響を与える。Office 製品の互換サービス(OpenOfficeなど)は非常にクオリティが高く、スズキが求める機能のほぼ100%を実現してくれる。が、文字・画像のずれがでる場合がある。これが困るのだ。合同会社鈴木商店のような零細企業は信頼がないため、フォントの不統一が原因で信頼をされないという可能性も十分にあるのだ。だから、多少のコストを払っても正規サービスを使う必要がある。

では、一括払いのサービスの選択肢もあるのではないか。確かになくはない。がスズキは選択しない。理由は2点だ。

  • アプリケーションを最新に保つため
  • コストメリットが小さい(Microsoft 365 のコストが大きい)

選ぶコースにもよるが、月1000円程度で享受できるメリットが素晴らしい。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Microsoft 365 のメリット:OneDrive (スズキの使い方)

Microsoft 365のメインサービスは Office サービス(Word/ Excel / PowerPointなど)であることに依存がある人はほとんどいないだろう。これだけで Microsoft 365 を契約する価値は充分あると思う。ということで、スズキが思うそれ以外のメリットを伝えたい。

それは One Drive だ。

Microsoft 365の複数あるラインナップに(基本的には)OneDrive 1TBがついてくる。これが非常に便利なのだ。便利なのは以下2点だ。

1.バックアップ

スズキは基本的に、重要書類は自分のパソコンのフォルダの中の、OneDrive 配下に保存している。

コメント 2020-08-02 161345

これらのフォルダ・ファイルは自動的にOneDrive にアップロードされる。

コメント 2020-08-02 161610

これは非常にありがたい。バックアップを気にしなくていいからだ。

以前だったらどうだっただろうか。会社のファイルサーバーに不定期でバックアップをとっていた。月に1回程度、気づいたときに取得するレベル。

以前、自宅でNAS(ファイルサーバー)を設置したことがある。これで自動バックアップをとる設定をしていた。が、あまりうまく動かなかった。ちなみにこのファイルサーバーにかかった費用は1万円程度だ。ちゃんとバックアップがとれるかどうかもわからないファイルサーバーに1万円を払うかどうか。スズキにその選択肢はない。ファイルサーバーを外出先からアクセスすることもできない。今後、仕事でも自宅でもNASを設置することはない。クラウドサービスを使うほうが圧倒的に安価で安心感があって機能が豊富だからだ。

ちなみに、こういうクラウドサーバーのサービスは沢山ある。DropBoxだったり、Google Drive だったり。Google Drive を使うには月250円/100GB 、380円/200GB。Dropboxで1200円/2TB だ。ということで結構お金はかかるのだ。

それを考えると月1000円程度でMicrosoft さんのOffice製品が使えて、それに付随してバックアップを自動してくれるサービスがあるのは素晴らしいと言えるのではないだろうか。

実際、今、スズキが利用しているこのパソコンが壊れたり紛失したとしてもスズキに大きな痛手はない。なぜならば重要なデータはすべてクラウド上にあり復元できるからだ。

2.大容量ファイル送信

これも地味なのだが非常にありがたい。2005年くらいは宅ふぁいる便が有名だったし、今でも様々な大容量ファイル送信サービスが存在する。しかし、大手の企業だと、セキュリティポリシーで特定のサービスのみ可能としている場合も多い。そんなときでもOneDrive のファイル共有ならほぼOKだ。なんせMicrosoftさんが提供しているサービスだからだ。

スズキはOneDrive でのファイル共有を頻繁に行っているが、断れたり使えないと言われたことは今のところ一度もない。

手順は非常に簡単だ。共有したいフォルダ・ファイルを選択して右クリック>共有を選べばいいだけだ。

コメント 2020-08-02 175531

Microsoft 365 Personal とBusinessどちらを選ぶか

Microsoft 365 には様々なコースがあるが、合同会社鈴木商店のような一人会社の場合、選択肢はおのずと2つに絞られる。

Microsoft 365 Personal  → 家庭向け ¥12,984 / 年

Microsoft 365 Apps for business → 法人向け ¥10,800 ユーザー/年

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

いろんな違いはあるものの、スズキが考慮した点は以下だ。

Microsoft 365 Personal にはSkypeの60分通話/月がついてくる

これはありがたいことなのだ。スズキはSkype電話を法人のメインの電話として利用している。Skypeの通話料金を固定にした場合、日本だと475円/月で100分が無料になる。つまり、300円ほどのサービスがついてくることになるのだ。これはよいサービスなのではないか。

Microsoft 365 Apps for business は組織での利用が前提

これはいい点でも悪い点でもある。将来的に組織管理する想定なら迷わずこれだろう。ただ、初期設定が面倒だ。しかも、Microsoft 製品あるあるの、マニュアルがないとほぼ設定不可能な難しさだ。人数が増えないのであれば手間でしかない。

Microsoft 365 Apps for business は若干安い

年間で2184円。月182円の差額だ。これをどう考えるか。

スズキが選択したのはMicrosoft 365 Apps for business

ということでスズキが出した結論は「Microsoft 365 Apps for business」だ。理由は簡単。値段だ。Skypeも利用しているのだが、月に60分も通話をしない。Skypeクレジットを毎回購入するので十分だ。だったらできるだけ安いほうがいい。初期設定が若干面倒だったが調べながらやれば何とかなるレベルだ。1回だけだし。

ということでMicrosoft 365 Apps for business を選んだ。

契約して2年以上経過しているが全く不満はない。Microsoft さん、ありがとう。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

まとめ

ということでMicrosoft 365 は素晴らしいサービスと思う。スズキとしては必須サービスだ。そして契約するのであればぜひOneDrive を使い倒してほしい。これだけでも半分くらい元はとっているとスズキは思う。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました