「源泉所得税及び復興特別所得税の納付についてのお願い」が届いたので対応した。

仕事Tips

2020年9月、合同会社鈴木商店にこの書類が届いた。


この書類を受け取ったのはこれで2回目だ。前回は2020年3月だった。これに対応したいと思う。

源泉所得税及び復興特別所得税の納付についてのお願い


「あなたが徴収して納付される源泉所得税及び復興特別所得税~~中略~~は、~~中略~~納付の確認ができておりません。」
と書いてある。

源泉所得税なので、給料等を従業員などに支払ったときに会社が先に所得税を引いておく税金だ。
会社的には預り金となるものだ。

合同会社鈴木商店の場合、この預かったはずの税金が税務署に支払われていないのでどうなっているの?という質問状ということだ。

源泉徴収税額は、社会保険料等の控除後の月の給与で決まる。
合同会社鈴木商店の役員・従業員数は一人。スズキのみだ。
スズキの役員報酬額は月に10万円。
社会保険料等を支払ったあとの金額は86197円。

源泉徴収をする対象の下限月額は88,000円だ。


つまり、合同会社鈴木商店には源泉徴収する対象の役員・従業員がいないってことになる。

だから源泉徴収していないし、それを納付もしていない。

源泉徴収していないだけで、もちろん年末の確定申告をして所得税を別途納付しているが。

ということで、スズキの役員報酬を増やさないかぎり、恐らくではあるが、半年に1度同じ書類が送付されてくるのであろう。

源泉所得税及び復興特別所得税の納付についてへの対応

ということで以下のように記載した。

役員報酬の支給額 100,000円
納付税額 0円

左側の紙がシールになっていて右側の用紙に張り付けてそのまま郵送できるようになっている。税務署さんが用意してくれる用紙は便利でハイテクなものが多い印象だ。

まあ、、、納付額0円っていうのはちょっと寂しいけど。
早く源泉徴収できるように、役員報酬を増やせるように、もっと稼がないとね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました