「印紙税の還付案内」最終回:国税還付金振込通知書が届いた

仕事Tips

以前、税務署、印紙税の還付申請を行った。


10/28 、税務署さんから「親展」の書類が届いた。

開いてみたところ、「国税還付金振込通知書」だった。

対象の口座をみてみたところ、しっかり振り込まれていた。

税務署さん、ありがとうございます。

手続きの流れを確認してみると

2020年 9月 7日 日本政策金融公庫さんから「印紙税還付手続きのご案内」が届く
2020年 9月 3日 浅草税務署さんに書類を直接持参する


2020年10月 9日 税務署事務処理センターさんから確認申請書が届く


2020年10月27日 浅草税務署さんから「国税還付金振込通知書」が郵送される
2020年10月28日 還付金が入金される    ← いまここ。

手続きをしてから約 1 か月。これは長いのか短いのか。
確認申請書が簡易書留で、振込通知書が親展で手配されたことがスズキの中では一番の謎だ。
税務署などの公式なやり取りは基本的に書類なんだけど、こういうのもメールとかシステムとかでできると便利だよね。

せっかく還付されたので大切に使います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました